libvirt+qemu+KVM

  • VirtualBox や VMWare のように仮想 PC を実行する環境。
  • KVM は Linux のカーネルモジュールであるため、Linux 環境 (ホスト) でしか使えない。
  • VirtualBox や VMWare と異なり、仮想 CPU や仮想 I/O などを libvirtKVMqemu がそれぞれ担当している。
  • libvirt+qemu+KVM はインストールの手順が少々多いが、一度インストールすると、VirtualBox や VMWare と遜色なく使える。
  • ここでは Ubuntu 16.04 相当の環境で、libvirt+qemu+KVM を構築する手順を紹介する。
  1. 必要なパッケージをインストールする。
    $ sudo apt install qemu-kvm virt-manager gir1.2-spice-client-gtk-3.0 spice-vdagent libvirt0 libvirt-bin
  2. sudo なしで、`virt-manager` や `virsh` を実行するために、グループに自分を追加する。
    $ sudo gpasswd libvirtd -a USERNAME
  3. 自動的に仮想 PC サービスを使えるようにする。
    $ sudo systemctl enable libvirt-bin
  4. サービスを起動する。
    $ sudo systemctl start libvirt-bin.service
    • サービスが起動していないと仮想マシンマネージャがうまく起動できない。
  5. これまで使っていた仮想 PC イメージ (Windows.vmdk) の変換をする。
    $ sudo apt install qemu-utils
    $ qemu-img convert -p -f vmdk -O raw Windows.vmdk Windows.img
  6. GUI の仮想マシンマネージャを起動する。
    $ virt-manager
  7. GUI の仮想マシンマネージャが起動する。
  8. `ファイル` → `新しい仮想マシン` をクリックして、設定ウィザードを起動する。
    1. Step 1
      • `既存のディスクイメージをインポート` を選択する。
    2. Step 2
      • 既存のストレージパス: Windows.img
      • OS の種類: Windows
      • バージョン: Microsoft Windows 8.1
    3. Step 3
      • メモリー: 2048
      • CPU: 2
    4. Step 4
      • 名前: Windows
      • ネットワークの選択: 仮想ネットワーク default: NAT

その他の設定

  • ホストマシンとゲストマシンの間でフォルダを共有する方法
  1. ホスト (LinuxMint) 上に Samba をインストールする。
  2. 共有したいフォルダを Samba で共有状態にしておく。
  3. ゲスト (Windows) 上で、ネットワークドライブの設定をする。