1. 必要なパッケージをインストールする。
    $ sudo apt install qemu-kvm virt-manager gir1.2-spice-client-gtk-3.0 spice-vdagent libvirt0 libvirt-bin
  2. sudo なしで、`virt-manager` や `virsh` を実行するために、グループに自分を追加する。
    $ sudo gpasswd libvirtd -a USERNAME
  3. 自動的に仮想 PC サービスを使えるようにする。
    $ sudo systemctl enable libvirt-bin
  4. サービスを起動する。
    $ sudo systemctl start libvirt-bin.service
    • サービスが起動していないと仮想マシンマネージャがうまく起動できない。
  5. GUI の仮想マシンマネージャを起動する。
    $ virt-manager
  6. GUI の仮想マシンマネージャが起動する。
  7. `ファイル` → `新しい仮想マシン` をクリックして、設定ウィザードを起動する。
    1. Step 1
      • `既存のディスクイメージをインポート` を選択する。
    2. Step 2
      • 既存のストレージパス: Windows.img
      • OS の種類: Windows
      • バージョン: Microsoft Windows 8.1
    3. Step 3
      • メモリー: 2048
      • CPU: 2
    4. Step 4
      • 名前: Windows
      • ネットワークの選択: 仮想ネットワーク default: NAT