入力中にタッチパッドを無効にする

  • ノート PC の場合、キーボードの手前にタッチパッドが付いている機種が多い。
  • キーボード入力中に手がタッチパッドに触れてしまうと、
  • Linux Mint では設定のマウスとタッチパッドの設定で、「入力中にタッチパッドを無効にする」の設定があるが、どうやら機能していないようだ…。 (Linux Mint 18.2 現在)
  • その対策を紹介する。
  1. タッチパッドの設定画面を表示する。
    • 「メニュー」→「設定」→「マウスとタッチパッド」→「タッチパッド」タブの順にクリックしていく。
  2. 「一般」内にある「入力中にタッチパッドを無効にする」を OFF にする。
  3. 左上の戻るボタンで設定の一覧画面に戻る。
  4. 「Startup Applications」をクリックする。
  5. ウィンドウ下部にある「追加する」をクリックする。
  6. 以下の内容を入力する。
    • 名前: Syndaemon
    • Command: syndaemon -i 1.0 -K -R -t
    • Comment: Disable the touchpad while typing, with a reasonable delay of one second and only for tapping and scrolling
    • 起動遅延時間: 10
  7. 「追加する」をクリックする。
  8. ログアウトするか、再起動する。