差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
linuxコマンド:xargs [2018/12/18 11:29]
mumeiyamibito
linuxコマンド:xargs [2018/12/18 11:31] (現在)
mumeiyamibito [使い方]
ライン 31: ライン 31:
 </​code>​ </​code>​
     * ''​mv''​ コマンド内の引数の位置を指定したいため、find で得られたそれぞれのファイルパスは ''​-I''​ オプションで ''​mv''​ コマンド内の ''​XXX''​ に渡すと指定している (''​-I''​ オプションがない場合は、''​MOVE_TO''​ が指定できない)。     * ''​mv''​ コマンド内の引数の位置を指定したいため、find で得られたそれぞれのファイルパスは ''​-I''​ オプションで ''​mv''​ コマンド内の ''​XXX''​ に渡すと指定している (''​-I''​ オプションがない場合は、''​MOVE_TO''​ が指定できない)。
-  * 例: カレントディレクトリにあるディレクトリを zip で圧縮する (ただし、4 CPU で同時に圧縮していく)\\ <code bash>+  * 例: カレントディレクトリにある複数のディレクトリを zip で圧縮する (ただし、4 CPU で同時に圧縮していく)\\ <code bash>
 $ find . -maxdepth 1 -mindepth 1 -type d -print0 | xargs -0 -P 4 -I XXX zip -r XXX.zip XXX $ find . -maxdepth 1 -mindepth 1 -type d -print0 | xargs -0 -P 4 -I XXX zip -r XXX.zip XXX
 </​code>​ </​code>​