Task Spooler (tsp)

  • 数分から数時間かかるプログラムの実行を、印刷キューのように順序よく実行したい場合に用いるプログラム。
    • ジョブを管理するツールとしては、このほか、torque (旧OpenPBS)Slurm が挙げられるが、機能が多すぎる上、設定が面倒という問題がある。
    • tsp は簡便にジョブ管理したい場合には、便利かもしれない。
$ sudo apt install task-spooler
  • ジョブを追加する。
    $ tsp COMMAND
    • COMMAND: 追加したいジョブの内容
  • 実行中および終了したジョブの一覧を表示する。
    $ tsp
  • 終了したジョブ履歴を削除する。
    $ tsp -C
  • 実行中のジョブの PID を表示する。
    $ tsp -p ID
    • ID: ジョブ ID
  • task-spooler サーバを終了させる (あまり使わない)。
    $ tsp -K
  • 実行中のジョブを終了させる。
    • コマンドが存在しないため、実行ジョブの PID を確認して、kill コマンドで終了させる。
  • 同時実行数を設定する。
    $ tsp -S N
    • N: 同時実行数
  • サーバ関連/task_spooler_tsp.txt
  • 最終更新: 2020/03/09 17:54
  • by mumeiyamibito