maim

  • スクリーンショットコマンド scrot の機能向上版。
  • scrot には領域選択モードでスクリーンショットした際に、領域を囲む枠線が入るバグが含まれているため、この maim か、escrotum が代替コマンドとして良さそう。
$ sudo apt install maim
  • 画面全体のスクリーンショット
    $ maim OUTPUT.png
    • OUTPUT.png: 出力画像
  • 特定ウィンドウおよび特定領域のスクリーンショット
    $ maim -s -u -k OUTPUT.png
    • -s: 特定ウィンドウおよび特定領域のスクリーンショットモード
      • コマンド実行後、マウスで特定のウィンドウをクリックするか、マウスのドラッグで領域を選択する。
    • -u: スクリーンショット時にマウスカーソルを写り込ませない。
    • -k: キーボード入力を無視する (このオプションがない場合、キーボード入力でスクリーンショットがキャンセルされる。Alt + Tab でウィンドウを切り替えたい場合に便利)
    • OUTPUT.png: 出力画像
  • 時間差でスクリーンショット
    $ maim -d 5 OUTPUT.png
    • -d F: F 秒後にスクリーンショットを実行 (F は浮動小数)
    • OUTPUT.png: 出力画像