差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
ツール:mercurial [2019/02/13 19:10]
mumeiyamibito [リポジトリを修復したい]
ツール:mercurial [2019/02/13 19:13] (現在)
mumeiyamibito [リポジトリを修復したい]
ライン 283: ライン 283:
  
 ==== リポジトリを修復したい ==== ==== リポジトリを修復したい ====
-  * 何らかの処理によって、mercurial の管理ディレクトリ内のデータが破損した場合、mercurial の操作をしようとすると ''​abort:​ data/.hgignore.i@XXXXXXXXXXXX:​ no match found!''​ というエラーが現れることがある。+  * 何らかの処理によって、mercurial の管理ディレクトリ内のデータが破損した場合、mercurial の操作をしようとすると ''​abort:​ data/FILE.i@XXXXXXXXXXXX:​ no match found!''​ というエラーが現れることがある ​(''​FILE''​ はその名前のファイルのトラッキングデータ)
   * 修復するには以下のコマンドを実行すると復旧できる可能性がある\\ <code bash>$ hg convert --config convert.hg.ignoreerrors=True SOURCE_REPO DEST_REPO</​code>​   * 修復するには以下のコマンドを実行すると復旧できる可能性がある\\ <code bash>$ hg convert --config convert.hg.ignoreerrors=True SOURCE_REPO DEST_REPO</​code>​
     * ''​SOURCE_REPO'':​ 修復したいリポジトリ (mercurial で管理しているディレクトリ)     * ''​SOURCE_REPO'':​ 修復したいリポジトリ (mercurial で管理しているディレクトリ)
  • ツール/mercurial.txt
  • 最終更新: 2019/02/13 19:13
  • by mumeiyamibito