micro

  • 基本的には GUI エディタと同じ。
  • カーソルの移動は、キーボードだけでなく、マウスでも可能。
  • 範囲選択は Shift + カーソル。
  • 矩形選択は Ctrl を押しながらドラッグで複数行 (縦) を選択し、その後 Shift を押しながらキーボードのカーソルを動かしてカラムを選択することで実現させる。
  • タブはマウスで選択可能。
ショートカットキー挙動
Ctrl + q 終了 (Quit)
Ctrl + s 保存 (Save)
Ctrl + a すべて選択 (SelectAll)
Ctrl + x 切り取り (Cut)
Ctrl + c コピー (Copy)
Ctrl + v 貼り付け (Paste)
Ctrl + o ファイルを開く (OpenFile)
Ctrl + z 元に戻す (Undo)
Ctrl + y やり直し (Redo)
Ctrl + e エディタコマンド実行 (CommandMode)
Ctrl + f 検索 (Find)
Ctrl + n 次を検索 (FindNext)
Ctrl + p 前を検索 (FindPrevious)
Ctrl + r 行番号をトグル表示 (ToggleRuler)
Ctrl + k 行を切り取り (CutLine)
Ctrl + d 行を複製 (DuplicateLine)
Ctrl + l 行番号を指定して移動 (JumpLine)
Ctrl + t タブを追加 (AddTab)
Alt + . 次のタブ (NextTab)
Alt + , 前のタブ (PreviousTab)
Ctrl + b シェルコマンド実行 (ShellMode)
Ctrl + g ヘルプを表示
Ctrl + ↑ ファイル先頭に移動
Ctrl + ↓ ファイル末尾に移動
コマンド 挙動
> quit 終了
> save 上書き保存
> save filename 別名 (filename) で保存
> tab filename タブでファイル (filename) を開く
> hsplit filename 画面を水平に分割し、分割先でファイル (filename) を開く (ファイル名未指定の場合は、ブランク)
> vsplit filename 画面を垂直に分割し、分割先でファイル (filename) を開く (ファイル名未指定の場合は、ブランク)
> replace "foo" "bar" “foo” を “bar” に置換
> replace "foo" "bar" c“foo” を “bar” に確認しながら置換
> help ヘルプページを表示
  • 基本設定は $HOME/.config/micro/settings.json を編集する。
  • キーバインディングは $HOME/.config/micro/bindings.json を編集する。
  1. Go 言語環境を “Downloads - The Go Programming Language” からダウンロードする。ここでは、go1.8.3.linux-amd64.tar.gz とする。
  2. Go 言語をインストールする。 sh $ cd $HOME/Programs $ tar axvf go1.8.3.linux-amd64.tar.gz
    • $HOME/Programs は任意の場所を指定する。
  3. Go 言語の環境設定をするため、シェルファイル (~/.bashrc) に以下を追記する。 sh export GOROOT=$HOME/Programs/go export GOPATH=$HOME/.go export PATH=$PATH:$GOROOT/bin:$GOPATH/bin
    • ~/.bashrc は環境に合わせて変更する。
  4. Go 言語がインストールされたかチェックする。 sh $ . ~/.bashrc $ go version
  5. micro をインストールする。 sh $ go get -d github.com/zyedidia/micro/cmd/micro $ cd $GOPATH/src/github.com/zyedidia/micro $ make install $ . ~/.bashrc
    • $HOME/.go$GOPATH で指定されているパスになる。今回は設定していないため、ホームディレクトリに go ディレクトリが作成された。
  6. micro を起動して確認する。 sh $ . ~/.bashrc

編集中に別の作業をしたい (micro をバックグラウンドジョブにしたい)

  • micro では ctrl+z が undo に設定されているため、コマンドにおける ctrl+z (フォアグラウンドのプロセスの一時停止) ができない。
  • ここでは、ctrl+z をフォアグラウンドプロセスの一時停止、ctrl+u を undo に設定する方法を紹介する。
  • キーバインディングの設定 bindings.json において、キーに対し、Suspend を割り当てると良い。
    {
        "CtrlZ": "Suspend",
        "CtrlU": "Undo"
    }
  • ツール/micro.txt
  • 最終更新: 2017/12/21 09:48
  • by mumeiyamibito