bluetoothctl

  • Bluetooth に関連する操作をするコマンド

起動

  • bluez の bluetooth.service が起動している状態で、以下のコマンドを実行することで、Bluetooth を操作するためのプロンプトに入られる。
    $ bluetoothctl
  • 以下、# はプロンプトを示す。
  • bluetoothctl から抜ける。
    # quit
  • bluetoothctl で使えるコマンドを調べる。
    # help

コントローラの操作

  • PC についている側の Bluetooth 送受信機をコントローラと呼ぶ。
  • コントローラの一覧を表示
    # list
    • 複数の Bluetooth のドングルが付いている場合は、ここに複数のコントローラが表示される。
    • 操作するコントローラに [default] と付く。
  • コントローラを起動する。
    # power on
  • コントローラを停止する。
    # power off
  • コントローラを変更する。
    # select MAC_ADDRESS
    • 操作したいコントローラを変更する ([default] を別のコントローラに移す)。
    • MAC_ADDRESS は操作したいコントローラのアドレス (コントローラの一覧表示で現れる XX:XX:XX:XX:XX:XX (XX は英数字)) を指定する。

周辺機器の操作

  • 接続する周辺機器のことをデバイスと呼ぶ。
  • PC の周囲に存在するデバイスの一覧を表示する。
    # devices
  • デバイスの一覧を更新する。
    # scan on
  • デバイスに接続する。
    # connect MAC_ADDRESS
    • MAC_ADDRESS は操作したいデバイスのアドレス (デバイスの一覧表示で現れる XX:XX:XX:XX:XX:XX (XX は英数字)) を指定する。
  • デバイスとの接続を切る。
    # disconnect MAC_ADDRESS
  • デバイスとペアリングする。
    # pair MAC_ADDRESS
  • ペアリングしたデバイスを信用する。
    # trust MAC_ADDRESS
    • PC を再起動した場合でも、指定したデバイスとのペアリングを保存する。
  • ペアリングしたデバイスを削除する。
    # remove MAC_ADDRESS
  • デバイスをブロックする。
    # block MAC_ADDRESS
  • デバイスのブロックを解除する。
    # unblock MAC_ADDRESS
    • デバイスによっては、信用するほかにもブロックを解除する必要があるものもある。

接続する手順

  1. bluetooth.service が起動しているか確認する。
    $ sudo systemctl status bluetooth.service
  2. bluetoothctl を起動する。
    $ bluetoothctl
  3. コントローラを確認する。
    # list
  4. コントローラを選択する。
    # select MAC_ADDRESS
    • コントローラが複数でない場合はしなくても良い。
  5. コントローラを一時的に停止する。
    # power off
    • トラブルがない場合はしなくても良い。
  6. コントローラを起動する。
    # power on
    • トラブルがない場合はしなくても良い。
  7. デバイス一覧を更新する。
    # scan on
  8. デバイス一覧を表示する。
    # devices
  9. デバイスを接続する。
    # connect MAC_ADDRESS
  10. デバイスを信頼する。
    # trust MAC_ADDRESS
  11. デバイスとペアリングする。
    # pair MAC_ADDRESS
  12. デバイスとのブロックを解除する。
    # unblock MAC_ADDRESS
  13. bluetoothctl から抜ける。
    # quit
  • bluetoothctl.txt
  • 最終更新: 2018/01/11 00:25
  • by mumeiyamibito