Cinnamon の Sound アプレットに Chromium のコントロールを表示させない

  • Cinnamon の Sound アプレット (音量調節アプレット; sound@cinnamon.org) は、以下の機能を持っている。
    • 音量調節
    • 音楽プレイヤーの制御 (再生、進む、戻る、停止、カバーアート表示)
  • Sound アプレットの仕様
    • 音楽プレイヤーの制御は、複数のプレイヤーが実行されると、プレイヤーの選択肢が表示され、最後に起動されたプレイヤーにフォーカスされる。
    • この仕様は、類似のアプレット Sound 150% でも同じである。
  • 問題
    • このプレイヤーには、Chromium (Chrome や Vivaldi) も含まれており、Youtube 等の動画サイトで動画を再生すると、プレイヤーの制御が Chrome になってしまう。
    • Chrome の動画サイトのタブを閉じた後でも、Chrome にフォーカスされたままになっている。
    • 動画サイトで進む、戻るとかしたいわけでもない。
    • なのにフォーカスされたままなので、別の音楽プレイヤーの制御ができない (プレイヤーを切り替えればいいのだが、切り替えるのが面倒)
    • 例:
      1. 音楽プレイヤーで音楽を聴いている。
      2. Youtube で気になる動画を発見する。
      3. 音楽プレイヤーを Sound アプレットで一時停止して、Youtube で動画を再生する。
      4. Youtube の動画を見終わったのでタブを閉じて、Sound アプレットで音楽プレイヤーを再生しようとすると、Chromium にフォーカスされていて、再生ボタンを押しても何も起こらない。
      5. わざわざ、プレイヤー選択ボタンからプレイヤーを選択し直す。
      6. 再生ボタンを押す。
    • Chrome のほか、Chromium、Vivaldi で症状を確認した (多分、Chromium 派生ブラウザの問題)。
    • ちなみに Firefox は、プレイヤーと見なされないので、上記問題は起こらない。
  • 解決策
    • 純粋にプレイヤーを切り替えればいいのだろうけど、面倒なので別の解決策を紹介する。
    • 今回は Chrome をプレイヤーとして見なさない方法である。
  1. Chrome 系ブラウザを起動させる。
  2. ロケーションバーに、chrome://flags を入力する。 (Vivaldi の場合は、vivaldi://flags)
  3. Media Key Handling という機能を disable にする。
  4. ブラウザを終了し、再度起動させる。