Python モジュール: matplotlib

  • Python でグラフを描画するためのモジュール
import matplotlib.pyplot as plt
  • 同時に numpy も読み込んでおくと良い。
  • Ubuntu の場合は、python-tkpython3-tk が必要なので、インストールしておく。
    $ sudo apt install python-tk python3-tk
    • jupyter notebook の場合は、python-tkpython3-tk は不要。
  • matplotlib では以下の 2 つのインターフェース (記法) が存在する。
    • オブジェクト指向: ax.plot など ax で始まるコマンドで記述する方法 (厳密に設定する場合)
      • オブジェクトの構造:
        Figure: (ウィンドウ; 描画領域)
          `- Axes: グラフ描画部分
               `- Axis: 軸
                    |- fig.axes
                    |- fig.patch (長方形オブジェクト; 背景色用の長方形オブジェクト)
                    |- fig.image
                    |- fig.legends (凡例)
                    |- fig.lines
                    |- fig.patches (その他の図形)
                    `- fig.texts
    • Pyplot インターフェース: plt.plot など、plt で始まるコマンドで記述する方法 (MATLAB に類似した記法で、細かい設定はある程度、自動で設定してくれる)
  • 両方のインターフェースを混在して記述することも可能だが、見栄えは悪くなる…。
  • python/matplotlib.txt
  • 最終更新: 2019/04/13 01:01
  • by mumeiyamibito