オブジェクト指向インターフェースでのグラフ作成

グラフ周囲の環境設定

  • オブジェクト指向インターフェース
    fig = plt.figure(1)
    ax = fig.add_subplot(111)
    • plt.figure(): 描画領域を作成
    • fig.add_subplot(): グラフのレイアウトと操作するグラフを指定
      • 111: 描画領域を 1 行 1 列として扱い、1 番目のグラフを操作する。
  • python/matplotlib/オブジェクト指向インターフェースでのグラフ作成.txt
  • 最終更新: 2019/05/21 18:42
  • by mumeiyamibito