差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
python:numpy [2019/01/29 10:29]
mumeiyamibito
python:numpy [2019/01/29 10:34] (現在)
mumeiyamibito
ライン 61: ライン 61:
     * 1 行目で、転置行列と足し合わせて、対称な行列を作成する。     * 1 行目で、転置行列と足し合わせて、対称な行列を作成する。
     * ''​np.fill_diagonal(matrix,​ var)''​ は ''​matrix''​ の対角成分に ''​var''​ を代入する関数で、これにより対角成分が 0 になる。破壊的なメソッドなので、元の行列は残らない。     * ''​np.fill_diagonal(matrix,​ var)''​ は ''​matrix''​ の対角成分に ''​var''​ を代入する関数で、これにより対角成分が 0 になる。破壊的なメソッドなので、元の行列は残らない。
 +
 === ゼロ行列の作成 === === ゼロ行列の作成 ===
   * 要素すべてが 0 の行列の作成\\ <code python>​MATRIX = np.zeros(SHAPE,​ dtype = TYPE)</​code>​   * 要素すべてが 0 の行列の作成\\ <code python>​MATRIX = np.zeros(SHAPE,​ dtype = TYPE)</​code>​
ライン 66: ライン 67:
     * ''​SHAPE'':​ 行列のサイズ (多次元にする場合はタプルで指定する)     * ''​SHAPE'':​ 行列のサイズ (多次元にする場合はタプルで指定する)
     * ''​TYPE'':​ 行列の型     * ''​TYPE'':​ 行列の型
 +
 +=== 空の行列の作成 ===
 +  * 空の行列 (ただし、値は 0 とは限らない) を作成する。\\ <code python>​NEW_MATRIX = np.empty((ROW,​ COL), dtype = TYPE)</​code>​
 +    * ''​NEW_MATRIX'':​ 空の行列を格納する変数
 +    * ''​ROW'':​ 生成する行列の行数
 +    * ''​COL'':​ 生成する行列の列数
 +    * ''​TYPE'':​ データ型
 +    * ''​dtype''​ は省略可
 +  * 既存の行列と同じサイズの空の行列を作成する。\\ <code python>​NEW_MATRIX = np.empty_like(MATRIX)</​code>​
 +    * ''​NEW_MATRIX'':​ 空の行列を格納する変数
 +    * ''​MATRIX'':​ サイズを参照したい行列
 +  * 参考サイト:​ [[https://​note.nkmk.me/​python-numpy-empty-empty-like/​ | NumPyで空の配列ndarrayを生成するemptyとempty_like | note.nkmk.me]]
  
 === 行列全体のキャスト === === 行列全体のキャスト ===
  • python/numpy.txt
  • 最終更新: 2019/01/29 10:34
  • by mumeiyamibito