CapsLock を Esc にする

  • Windows でも、CapsLock の設定 と同様に、CapsLock を押したら Esc、Shift+CapsLock で通常の挙動の挙動にする。
    • このページで提供している .exe ファイルで実行するのであれば不要。
  1. Change Key を管理者権限で実行する。
  2. CapsLock キーをクリックする。
  3. 右上の Scan code をクリックする。
  4. 「変更したいキーのスキャンコードを 16 進数で入力してください。必ず 4 桁で入力してください」というダイアログが開かれるので、0064 と入力し、OK ボタンをクリックする。
  5. 登録現在の設定内容で登録します を選択する。
  6. PC を再起動する。
  7. AutoHotKey でキーを変更する。
    • このページで提供している .exe を利用する場合:
      1. esc.zip をダウンロードする。
      2. 展開し、Esc.exe を取り出す。
      3. Esc.exe を実行する。
      4. PC 起動時に有効にする場合:
        1. Super(Windows)+R キーを押す。
        2. shell:startup と入力して、実行する。
        3. 現れたウィンドウに、Esc.exe 本体か、そのショートカットをコピーする。
    • 自分でスクリプトを書いて対応する場合:
      1. AutoHotKey をインストールする。
        1. Express Installation をクリックする。
        2. Exit を選択する。
      2. 適当なフォルダ内で、右クリックメニューを出す。
      3. 新規作成テキスト ドキュメント を選択する。
      4. 作成したテキストのファイル名を変更し、拡張子を .ahk にする。
      5. 作成したテキストファイルを右クリックして、Edit Script を選択する。
      6. 以下の内容をコピーし、ペーストする。
        ;CapsLock -> Esc
        F13::Send,{Esc}
        
        ; Shift+CapsLock
        +F13::
            if GetKeyState("CapsLock", "T") = 1
            {
                SetCapsLockState, off
            }
            else if GetKeyState("CapsLock", "F") = 0
            {
                SetCapsLockState, on
        }
      7. 文字コードを UTF-8 で保存する。
      8. 作成したファイルを実行する。